相沢まき、デキ婚をすすめる事務所に対し不満「不良債権に思われている」 | RBB TODAY

相沢まき、デキ婚をすすめる事務所に対し不満「不良債権に思われている」

エンタメ その他

(C)AbemaTV
  • (C)AbemaTV
  • (C)AbemaTV
  • (C)AbemaTV
  • (C)AbemaTV
 無料のインターネットテレビ局「AbemaTV」では、19日21時より『必殺!バカリズム地獄』を放送。タレントの相沢まきが登場した。

 番組冒頭にバカリズムさんが、相沢さんに「普段キレたりしますか?」と質問すると、「普通にしているつもりが、若者からリアクションが古いという理由から、ババアと言われることが増えた。“おばさん”や“湯婆婆”と言われる」と同番組らしく"鬼ギレ"エピソードを告白。若者に対し「お前らも年取るんだぞ」と怒りをあらわにしていた。ただ、このエピソードを聞いたバカリズムも「たしかに、喋りちょっと古いっす」と若者の意見に同調。笑いを誘っていた。

 さらに、相沢は地元秋田県での冠番組で起きた出来事を告白。同じ事務所の年下の後輩が番組に出演した際、サングラスを頭にかけて登場したことや、番組の台本を覚えてこなかった後輩の粗相に対し、相沢が「こういう事をやっていたら売れないよ!」と指摘したところ「相沢さんに言われたくありません!」と後輩に言い返された経験談を明らかに。これには、怒りの感情で体が震えたそうだ。また、番組終了間際には、「事務所から20代の時は『もし彼氏とかが居ても、いないって言ったほうが良い』と注意をされていたが、30歳を超えてから、『できちゃった結婚とかでもいいからね』と言われるようになった。」と事務所の態度が変わったことを明かし、「ずっと独身だと不良債権に思われているのか、事務所から嫁に行って欲しいという感じが出ている。(結婚への)圧がすごいです」と事務所への不満を話していた。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top