『帝一の國』主演の菅田将暉、3日間で全国8都市13回の舞台挨拶実施 | RBB TODAY

『帝一の國』主演の菅田将暉、3日間で全国8都市13回の舞台挨拶実施

4月29日に公開となった『帝一の國』。日本一の名門校で生徒会長となり、将来は総理大臣になって「自分の国を作る」という野心をもった主人公・赤場帝一を演じる菅田将暉、そして永井聡監督が、実際の選挙活動さながら全国8都市・13回の舞台挨拶を実施した。

エンタメ 映画・ドラマ
博多
  • 博多
  • 広島
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 仙台
  • 埼玉
  • TOHOシネマズ新宿
 4月29日に公開となった『帝一の國』。日本一の名門校で生徒会長となり、将来は総理大臣になって「自分の国を作る」という野心をもった主人公・赤場帝一を演じる菅田将暉、そして永井聡監督が、実際の選挙活動さながら全国8都市・13回の舞台挨拶を実施した。

 4月30日(日)、5月1日(月)、5月2日(火)の三日間にわたって福岡、広島、大阪、名古屋、札幌、仙台、さいたま、新宿の全国8都市。総移動距離3,500km、挨拶した客の
数6,000人以上という。菅田自身「日本て、こんなに長いんだ…とつくづく実感した舞台挨拶ツアーでした」と感慨深げに振り返り、最終日の新宿での舞台挨拶では、急遽、間宮祥太朗も舞台挨拶に参加した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top