小林麻央、同じく闘病中のプロ野球解説者・大島康徳の気づかいに感動 | RBB TODAY

小林麻央、同じく闘病中のプロ野球解説者・大島康徳の気づかいに感動

エンタメ ブログ

小林麻央
  • 小林麻央
 がんで闘病中の小林麻央は30日、自身のブログを更新。プロ野球解説者で、同じくがんで闘病中の大島康徳のブログを引用し、大島と、大島の妻に向け、感謝の意を述べた。

 ブログ冒頭、「ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。」と麻央。これは、2月24日付で更新された、大島のブログに向けられた言葉だそうで、麻央は大島の当該ブログ記事を引用している。

 大島といえば、2月7日に大腸がんのステージ4であることを公表。手術は終えているものの、重篤な状況であることが推察されるが、本人は「病気が発覚した時も、今現在も、大島はとても元気です。」と語るなど、いたって平静。24日のブログでは、そのように明るく振る舞える理由について、小林の「癌になったのは誰のせいでもないよ」という言葉があったからだと述べ、「この言葉があったから、今、自分たちはどうあるべきなのか何をするべきなのか、を前向きに考えることができました。うつむくことなく、顔をあげて一緒に歩いていこう!と思えたのです。」と伝えている。また、この言葉は、大島だけでなく、大島の妻をも前向きにしたそうで、そうしたきっかけを与えてくれた小林に向けて「遅ればせながら麻央さんに御挨拶させて頂きます。癌という病気になった人に仲間入りさせて頂きました プロ野球解説者の大島康徳です。」などと言葉をかけていた。

 小林は、大島のこうした言葉に、感動。「年下のまだまだ人生若輩者の私に対してこんなふうにブログで書いて下さる大島さん 奥様の御心に感動します。本当にありがとうございます。」と述べている。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top