映画「逆光の頃」ヒロインに、葵わかなが決定 | RBB TODAY

映画「逆光の頃」ヒロインに、葵わかなが決定

エンタメ 映画・ドラマ

映画「逆光の頃」ヒロインに、葵わかなが決定
  • 映画「逆光の頃」ヒロインに、葵わかなが決定
  • 映画「逆光の頃」ヒロインに、葵わかなが決定
  • 映画「逆光の頃」ヒロインに、葵わかなが決定
  • 映画「逆光の頃」ヒロインに、葵わかなが決定
 OL風の女性「フチ子」が腰をかけるフィギュア「コップのフチ子」の原案者であり、ギャグイラストの「バカドリル」 でなどで知られる、異才の漫画家タナカカツキの名作「逆光の頃」が映画化し、初夏より全国で公開となることが決まっているが、このほど主人公の幼馴染役に、次期朝ドラヒロイン・葵わかなが決定した。

 原作である「逆光の頃」は、1988~1989年に「コミックモーニング」と「モーニングOPEN」にて連載され、2009年には新装版も発売された話題作。原作は全12編から構成されており、日常と非日常、夢と現実。双方の世界を行き来する少年のゆらめきときらめきが、京都の街を背景に鮮やかに紡ぎだされている。映画「逆光の頃」では、その中から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編と、オリジナル部分が映像化。主演は「PとJK」「トリガール!」などに出演する若手俳優・高杉真宙で、京都生まれ、京都育ちの高校2年生の主人公・赤田孝豊役を務める。孝豊は、思春期ならではの同級生たちとの喧嘩や、幼馴染への恋を経験するが、その幼馴染を葵が演じる。

 ヒロインに抜擢された葵は、「初めて伺った時はヒロインという役に驚きました」と心境を明かすとともに、「撮影前はその作品の雰囲気をうまく出せるか、役に馴染めるか、とばかり考えていました。」と不安があったことを吐露。しかし、小林啓一監督や高杉とのリハーサルなどを重ね、「一緒に作品を作らせてもらえてるように日々感じられて、とても楽しかったです」と満足感を語っている。また、小林監督は高杉と葵について、「原作から飛び出してきたような存在感でした」とコメント。「(この作品は)二人をずっと待っていたように思えます。」と賛辞をおくっている。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top