『鋼の錬金術師』、映画公開を記念し大規模原画展を東京&大阪で開催決定 | RBB TODAY

『鋼の錬金術師』、映画公開を記念し大規模原画展を東京&大阪で開催決定

エンタメ その他

『鋼の錬金術師』、映画公開を記念し大規模原画展を東京&大阪で開催決定
  • 『鋼の錬金術師』、映画公開を記念し大規模原画展を東京&大阪で開催決定
 3月23日から開催となった「Anime Japan 2017」で実写映画の公開を記念して『鋼の錬金術師』史上初となる大規模原画展が開催されることが明かされ、開催日時と会場が発表された。同原画展は東京ドームシティ Gallery AaMo(9月16日~10月29日)と大阪南港ATCミュージアム(11月3日~11月30日)の2カ所で開催され、特別内覧会(9月15日)の実施も決定している。また、この原画展のために原作者・荒川弘が書き下ろしたビジュアルも解禁となった。

 荒川が1枚のイラストを描き下ろすのは、2012年9月に発売された完全版「鋼の錬金術師」18巻以来、実に約5年ぶり。キービジュアルには主人公のエドワード・エルリックと弟のアルフォンス・エルリックをはじめ、幼馴染のウィンリィ、焔の錬金術師・マスタング大佐、大佐の部下・ホークアイ中尉、シンの皇子・リン、リンの護衛・ランファン、シンの皇女・メイ、みんな大好きアームストロング少佐の9人が描かれている。

 12月1日から公開となる実写映画とこの原画展のビジュアルをあしらった両面チラシは、3月25日の「Anime Japan 2017」一般公開日を皮切り配布、東京・大阪の劇場では20万枚限定で配布予定だ。

 なお、「Anime Japan 2017」のワーナー・ブラザース ジャパン ブース内で、昨年の東京コミコンで話題をかっさらった“ロイ・マスタング大佐”の劇中衣装が展示される。実写映画で実際にディーン・フジオカが着用したもので、原作コミック「鋼の錬金術師」のビジュアルを忠実に再現されている。

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会
(C)2017 Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX
《松尾》

関連ニュース

特集

page top