1日5時間の高速通信“使い放題”!nuroモバイルの「時間プラン」体験レポート 3ページ目 | RBB TODAY

1日5時間の高速通信“使い放題”!nuroモバイルの「時間プラン」体験レポート

IT・デジタル スマートフォン
毎日5時間までの高速データ通信が使い放題になるnuroモバイルの「時間プラン」。ユーザーページからその日に使える高速通信の残り時間を確認できる
  • 毎日5時間までの高速データ通信が使い放題になるnuroモバイルの「時間プラン」。ユーザーページからその日に使える高速通信の残り時間を確認できる
  • JR品川駅の構内にて。待ち合わせの際に動画視聴なども快適に楽しめる速度が出ていた
  • 電車での移動中にも自宅のBDレコーダーで録画したテレビ番組をリモート視聴がスムーズに楽しめる
  • 職場で話題になりそうなテレビ番組も移動時間を活用しながら効率よくチェックできる
  • PCのテザリングにも高速通信が大活躍。仕事がはかどる
  • 休憩時間には音楽配信サービスでリラックス。最高音質に設定しても安定したストリーミングができた
  • 5時間の高速通信を使い切っても200kbpsの低速通信になるが、引き続きデータ通信は利用できる。翌日にはリセットされ、また高速通信が使えるようになるので頼もしい
■思っていた以上に使い応えのある「1日・5時間」

 高速通信の利用時間が気になったので、ユーザーページにログインして時間を確認してみた。カフェに移動してからは普通にWebブラウジングやメールのチェック、時折スマホに持ち替えてLINEも使ったのだが、ページに表示されている「残り高速通信時間」は思っていたよりも長く残っていた。その後も何カ所かに立ち寄りながら、自宅に帰るまでにWebやYouTubeの動画などを見たりしながら過ごしたが、体感よりも実時間として長く高速通信が使えるような手応えを得た。昼休みに通信トラフィックが混雑するピーク時間帯では通信速度がやや落ちることもあったが、その場合は公衆無線LANを併用することで乗り切れるし、引いては1日に使える高速通信の時間が節約できるというものだ。
5時間の高速通信を使い切っても200kbpsの低速通信になるが、引き続きデータ通信は利用できる。翌日にはリセットされ、また高速通信が使えるようになるので頼もしい
 1日5時間の高速通信は、BDレコーダーのリモート視聴やWeb動画再生、Google Playミュージックからの音楽ダウンロードなどにもヘビーに使ってようやく使い切ることができた。低速通信に切り替わった後でチェックしてみた1日のデータ通信量は約1.8GB。これを30日間に均して同じペースで毎日使ったとすれば、だいたい50GB近いデータ容量が1ヶ月に使えてしまう計算になる。大手キャリアが提供する大容量プランは、例えば定額30GBで8,000円となっており、それらと比較すると、nuroモバイルの「時間プラン」がとてもお得であるということが見えてくる。そして深夜0時を過ぎればカウンターがリセットされて、また快適な高速通信が使える1日が始まるのだ。

 nuroの「時間プラン」は、仕事中も外回りの機会が多く、スマホを仕事のメインツールとしてバリバリ活用しているビジネスマンにはぜひおすすめしたいサービスだ。動画や音楽配信、オンラインゲームなど高速・大容量のデータ通信を必要とするリッチコンテンツを、毎日コンスタントに使うというヘビーユーザーにもメリットが実感されるはずだ。また、自宅にインターネットを引かずに格安SIMだけに通信費用を抑えたいという一人暮らしの学生の方にも、きっと最適な選択肢の一つになると思う。nuroモバイルの「時間プラン」は多くのスマホユーザーに、これまで以上に快適なモバイルライフを実感させてくれるに違いない。

※nuro mobile新容量プラン「時間プラン」
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top