映画『羊と鋼の森』、調律師めざす主人公に山崎賢人! | RBB TODAY

映画『羊と鋼の森』、調律師めざす主人公に山崎賢人!

エンタメ 映画・ドラマ

映画『羊と鋼の森』、調律師めざす主人公に山崎賢人!
  • 映画『羊と鋼の森』、調律師めざす主人公に山崎賢人!
 映画『羊と鋼の森』のメインキャストが発表となった。

 宮下奈都著の原作「羊と鋼の森」は「2016年 本屋大賞第1位」 「2016年 キノベス第1位」、「2015年 ブランチブックアワード大賞」という史上初の三冠受賞を達成、さらに直木賞にもノミネートされるなど、昨年最も話題になった小説のひとつ。累計発行部数は50万部を突破している。

 北海道の田舎で育った主人公の高校生・外村直樹が調律師・板鳥宗一郎と出会い、ピアノの調律師とななっていくまでを描く、調律に魅せられた一人の青年の成長物語。原作の世界観を表現するメインキャストとして、外村を演じるのは、NHK連続テレビ小説「まれ」や、『orange-オレンジ-』、『四月は君の嘘』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』などに出演している若手俳優・山崎賢人。調律の練習を経て、この役に挑む。また、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師板鳥を、『64』『葛城事件』などで受賞している実力派俳優・三浦友和が演じる。

 主演の山崎賢人は「調律そして、森とピアノの独特の表現をどう映像にしていくのかすごくわくわくしています。外村直樹をとにかく一歩ずつ丁寧に生きたいと思います」、三浦友和は「我々俳優陣も原作の音色を壊さないよう、より繊細な心で臨みたいと思います」とコメントしている。

 メガホンをとるのは映画『orange』の監督・橋本光二郎。原作の舞台でもある北海道で2月から本格ロケがスタート、まだ雪が深い冬の旭川で撮影される。

 原作者の宮下奈都は、「映画では、調律によって変化していく音色をどんなふうに表現するのか、あの森の匂いを、気配を、音をどうやって映像化するのか。やれるものならやってみてください、という気持ちでした」とコメント。今は期待でドキドキしていると語っている。また、橋本監督は「まっすぐ、ただまっすぐひたむきに自分の仕事や人生に向かっていく人間の姿こそが何よりも美しいのだという思いが、観てくれた方々に熱く伝わってくれればと思います」とコメントを寄せている。

映画「羊と鋼の森」は、2018年全国東宝系にて公開される。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top