既存システムを顔認証化! ハードウェアタイプの顔認証ソリューション | RBB TODAY

既存システムを顔認証化! ハードウェアタイプの顔認証ソリューション

IT・デジタル セキュリティ

既存システムを顔認証化! ハードウェアタイプの顔認証ソリューション
  • 既存システムを顔認証化! ハードウェアタイプの顔認証ソリューション
  • 既存システムを顔認証化! ハードウェアタイプの顔認証ソリューション
 日本防犯システムは21日、防犯・監視カメラと併用するための“JSS顔認証システム”「PF-SF100」の販売を開始した。

 “JSS顔認証システム”「PF-SF100」は、防犯対策やマーケティング、顧客管理での使用を想定したハードウェアで、防犯監視カメラがとらえた人物の顔を認証し、PCやAndroid機器に認証情報を通知するシステムの構築を可能としている。

 顔認証の性能としては、顔のイメージから24点の特徴点が抽出して数値化し、1秒間に18~20の顔検知を行うとのこと。照合の際は1万件を0.05秒で完了する高速マッチングが行われるそうだ。

 ソフトウェアは「JSS顔認証コントローラー」と「JSS顔認証コントローラー顔認証クライアント」で構成されており、顔認証データのデータベース管理と、顔認証のしきい値やデータ保存期間などの細かな設定や検索を可能としている。

 認証の通知は「JSS顔認証コントローラー顔認証ターミナル」を利用することで、最大50台までの同一LAN内のPCやAndroid端末に、認証通知を行うことができる。

 製品構成は本体、キーボード、マウスがセットになっており、カメラは同システムには含まれていないので、既存のものを利用したり、新規に用意する必要がある。

 カメラ接続台数は12台、最大同時認証可能数20人、顔登録可能件数は100,000件となっている。価格はオープン価格。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top