GACKT、中村獅童のことが「嫌い」から「大好きに」変わった理由を告白 | RBB TODAY

GACKT、中村獅童のことが「嫌い」から「大好きに」変わった理由を告白

歌手のGACKTが2日の「TOKIOカケル」(フジテレビ)に出演。かつて歌舞伎俳優の中村獅童のことが嫌いだったことを明かし、「大好き」に変わった転機を語った。

エンタメ 映画・ドラマ
GACKT <撮影 竹内みちまろ>
  • GACKT <撮影 竹内みちまろ>
 歌手のGACKTが2日の「TOKIOカケル」(フジテレビ)に出演。かつて歌舞伎俳優の中村獅童のことが嫌いだったことを明かし、「大好き」に変わった転機を語った。

 実は涙腺が弱く、友人の結婚式で歌っていると泣いてしまう事を明かしたGACKT。今までに一番泣いたドラマや映画を聞かれると、中村獅童が主演を務めた「いま、会いにゆきます」(2004年)だと答え、「友達が『3回観に行って3回泣いた』って言ってたけど、僕、獅童君嫌いだったんですよ。嫌いなんで、観に行かないじゃないですか」とサラッと爆弾発言。さらに、当時のランキングで同映画の主題歌であるORANGE RANGEの「花」が1位で自身の曲が2位だったことも納得がいかなかったといい、「なんでこれが1位なんだ」と思っていたと明かした。

 その後、移動の車の中で「いま、会いにいきます」を観たというGACKT。「もう、涙止まらなくて、ボロボロ泣いて」と当時を振り返り、中村獅童と竹内結子が出会うシーンを観ては「そりゃ結婚するわ!!」と、ラストで流れる主題歌を聞いては「そりゃ売れるわ!!」と突っ込んでいたと明かし、笑いを誘った。

 そして、中村獅童が嫌いだった理由を聞かれると、「その前に獅童君と会ってて、ぶっ飛んでて『イエーイ』みたいな感じを見てイラッとした。僕とは合わない人なのかなと思った」とぶっちゃけたが、「獅童君の演技を観た時に、普段の僕の知ってる獅童君ではないあの役を観て、一気にひっくり返って、『この人天才!獅童君大好き!』って思った」と告白した。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top