救助現場もIoT化!隊員の状況をリアルタイム監視するソリューション | RBB TODAY

救助現場もIoT化!隊員の状況をリアルタイム監視するソリューション

IT・デジタル セキュリティ

同ソリューションはDell Technologies、Vodafoneがコーク工科大学と協力して開発したテストベッド「INFINITE」が使用されている(画像はプレスリリースより)
  • 同ソリューションはDell Technologies、Vodafoneがコーク工科大学と協力して開発したテストベッド「INFINITE」が使用されている(画像はプレスリリースより)
 アナログ・デバイセズと米・Dell EMCの両社は26日、救助隊員の身体状況と場所を追跡するIoTソリューションの開発を発表した。

 救助隊員の安全と実効性を向上させることを目的としたもので、開発は現在、米・国内で実証段階に入っている。

 救助隊員が身につけるセンサー搭載ベストにより、隊員の呼吸数、肺気量、心拍数などがモニタリングされる。ネットワーク接続はブーツから行われ、場所と動きを追跡できるものとなっている。

 全てのデータはモバイルネットワーク経由でクラウドに集約され、指揮チームが隊員の状況を把握することを可能だ。

 同ソリューションのプラットフォーム自体は、救助隊員の任務に合わせて、今後さらに多くのセンサー技術を統合できるように設計されている。

 例えば高精度慣性計測装置を統合することで、GPSを使用できない状況下でも自律航法が可能となる。すでに同社の救助隊員向けプラットフォームでは、ジャイロスコープ、加速度センサー、地磁気メーター、圧力センサーなどが一式用意されているとのこと。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top