物販、歌詞機能、アーティスト発掘……。Spotifyが日本で勝つための秘策とは?本社キーパーソン単独インタビュー | RBB TODAY

物販、歌詞機能、アーティスト発掘……。Spotifyが日本で勝つための秘策とは?本社キーパーソン単独インタビュー

IT・デジタル モバイル

Spotify本社のステファン・ブロム氏、スポティファイジャパンの野本晶氏
  • Spotify本社のステファン・ブロム氏、スポティファイジャパンの野本晶氏
  • Spotify本社のCEO、ダニエル・エク氏
  • 日本の若手アーティストが世界に作品を発表する場としてもSpotifyを活用する提案が紹介された
  • 日本の音楽文化の発展に貢献したいと宣言
  • ベビーメタルのページ。作品リストをスクロールしていくと、関連グッズとしてアナログレコードの販売メニューが表れる
  • ローンチイベントが盛大に開催された
 世界最大級の音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、いよいよ29日に日本上陸を果たした。すでに日本を除く世界59カ国で1億人を超えるユーザーを獲得している、音楽配信の“黒船”が日本に上陸する日がやってきたわけだが、一方で日本には昨年から順次Apple MusicやGoogle Play Musicが進出し、日本の企業によるAWAやLINE MUSICなどのサービスも、日本の音楽ファンの趣向性により深く突っ込んだ独自のサービスを立ち上げている。

【関連記事】ついに日本上陸の「Spotify」、無料版と有料版でどこが違う? 本社担当者に聞いてみた!

 Spotifyはやや出遅れてしまったと見ることもできそうだが、なぜこのタイミングで船出を決めたのか、成功のための秘策は用意しているのか?今回、Spotify ABのChief Strategy Officer 兼 Chief Content Officerであるステファン・ブロム氏、並びにスポティファイジャパンのディレクター ライセンス&レーベルリレーションズの野本晶氏にインタビューする機会を得た。

■なぜ、このタイミングで日本上陸に?

 Spotifyは2009年から将来の日本市場進出を見据え、国内に拠点を構えて足場を固めてきた。2016年秋、ローンチのため機が熟したと判断した要因はどこにあったのだろうか。

「Spotifyはその国、地域でサービスを開始する際、いずれの場合も事前に入念な市場調査を行ってきました。日本ではこちらに同席している野本氏をはじめ、スポティファイジャパンのチームによる献身的な準備活動を得て、日本国内のユーザー動向を汲み上げ、また音楽業界、ハードウェア業界の方々とのパートナーシップも丁寧に構築してきました。皆様からヒアリングをしてきた結果、今日が最適なタイミングであると判断しました。非常によいタイミングだと自負しています。例えば先行するアメリカ市場でも、数年にわたる準備期間をかけてきました。皆様にとって最高のサービスを作り上げるためには万全な下準備が必要なのです。さらにひと言加えさせていただくなら、私たちの日本での長い旅路はまだ始まったばかりです。これからもユーザー、パートナーの声に対して真摯に耳を傾けながら、より上質なサービスにSpotifyを育てていくことの方がむしろ難しいと、気を引き締めています。日本の皆様とも、長いお付き合いをしたいですね」(ブロム氏)

■有料プラン月額980円の理由は?

 Spotifyでは音楽再生中に広告が表示され、モバイル端末ではシャッフル再生、PCでも30日間に15時間以上のリスニングを続けると、以降はランダム再生になる等の制限がある「無料プラン」と、そのフルサービスが快適に使える「有料サービス」の2つが提供される。後者の価格は月額980円(税込)となることが明らかになった。この金額にどのような根拠があったのか、野本氏に聞いてみた。

「事前のユーザー調査とヒアリングを重ねた結果、最適という声が一番多かった金額に設定しました。もちろん、できるだけ安い方がよいという声もありましたが、それよりも多彩な機能を安心して使える価格のバランスが大事という声を多くいただきました。他社様が同等の価格で提供していることも承知ですが、それ以上にユーザーの声を重視したことが理由です」(野本氏)
《山本 敦》

特集

page top