iPhone 5/5sの中古価格はいくら?【連載・今週の中古スマホ】 | RBB TODAY

iPhone 5/5sの中古価格はいくら?【連載・今週の中古スマホ】

スマートフォンの「実質0円」による販売が禁止になったことで、中古スマホ市場がにわかに活気づいている。そこで、中古携帯電話・スマホ・タブレットの販売・買取を行う「ゲオ」の最新ランキングをチェックしてみた。

IT・デジタル スマートフォン
中古スマホ市場で、まだまだ価値が下がらないiPhone 5 (C)Getty Images
  • 中古スマホ市場で、まだまだ価値が下がらないiPhone 5 (C)Getty Images
  • 2014年5月発売のXperia Z2
  • スマホ中古販売ランキング
  • スマホ中古買取ランキング
  • 新品SIMフリースマホ販売ランキング
 スマートフォンの「実質0円」による販売が禁止になったことで、中古スマホ市場がにわかに活気づいている。そこで、中古携帯電話・スマホ・タブレットの販売・買取を行う「ゲオ」の最新ランキングをチェックしてみた。

 本稿で紹介するデータは、北海道から沖縄まで日本全国に展開しているゲオのデータを集約したもの。調査期間は6月27日から7月3日までの1週間(データ提供:株式会社ゲオ)。

■“販売”数量ランキングは?

 まずは中古スマホの販売数量ランキングから見ていこう。奇しくも3キャリアともiPhoneがワン・ツーフィニッシュとなった。NTTドコモではiPhone 5sの32GBと16GBモデルが1位と2位、auとソフトバンクではiPhone 5の16GBと32GBモデルが1位と2位を獲得。状態の良い中古良品「中古A」における販売価格は、ドコモのiPhone 5s 32GBが27,800円、auのiPhone 5 16GBが10,800円、ソフトバンクのiPhone 5 16GBが12,800円となっている。ご存知の通りiPhone 6/ 6sはサイズが大きく、また32GBモデルが作られていない。このためiPhone 5/ 5sの16GB/ 32GBモデルが手頃な値段で買える、ゲオモバイルの存在は貴重だ。

※中古スマホの販売数ランキングを見る

■“買取”数量ランキングは?

 続いて、中古スマホの買取数量ランキングを紹介する。ドコモでは前回9位だったXperia Z2 SO-03F(2014年5月発売)が3位にランクアップした。発売から2年が経ち、6月24日には最新モデルXperia X Performance SO-04Hも発売された。Xperiaユーザーの間で機種変更の機運が高まっているのだろう。ちなみにXperia Z2 SO-03Fの買取価格は、中古Aで16,000円となっている。

※中古スマホの買取数ランキングを見る

■SIMフリー端末の販売・買取ランキングは?

 中古のSIMフリー端末では、どのモデルに人気が集まっているだろうか。販売数量ランキング上位3機種はHuawei Ascend G620S(中古A 12,800円)、Google Nexus5 32GB(同21,800円)、ASUS ZenFone 2 Laser 16GB(同17,800円)と、おなじみの顔ぶれ。5位には前回81位のASUS ZenFone 2 32GB(同21,800円)が入った。

 買取数量ランキングのトップもHuawei製品で、Huawei P8 lite(中古A 10,000円)。ミドルレンジのAndroidスマホは販売価格が手頃だが、買取価格もすぐに暴落する。特にHuawei製品は後継機も数多い。そのため、発売から1年が経ったHuawei P8 lite(2015年6月発売)はいまが売り時なのかも知れない。

 ゲオモバイルでは格安SIMサービスとのセットで新品のSIMフリー端末も販売している。そこで、最後に新品SIMフリー端末のランキングも紹介すると、今回のランキングではLG G3 Beatのチタンカラー、ホワイトカラーが1位、2位をわけあった。LGエレクトロニクス製の5インチのAndroid端末で、UQ Mobileが取り扱っている。

※新品SIMフリースマホの販売数ランキングを見る
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top