歯磨きが上手になる? スマホと連携する“スマートハブラシ”を体験してみた! | RBB TODAY

歯磨きが上手になる? スマホと連携する“スマートハブラシ”を体験してみた!

サンスターが発表した“スマートハブラシ”「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」を、本日11日に開催された記者発表会の会場で体験することができたので、ファーストインプレッションをお届けしよう。

IT・デジタル その他
サンスターが発表した“スマートハブラシ”「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」
  • サンスターが発表した“スマートハブラシ”「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」
  • 「MOUTH BAND」など3つの専用アプリを体験した
  • GUMブランドの歯ブラシに専用のアタッチメントを装着。スマホアプリで正しい歯磨きの仕方を身に着ける
  • アタッチメントカバーはカラフルな5色が揃う
  • 子ども用の歯ブラシに装着したところ
  • 歯ブラシの柄にしっかりとグリップされる
  • マウスログで歯磨きの履歴をチェック
  • 口の中のマップを表示しながらしっかり磨けているところ、いないところが可視化できる
 サンスターが発表した“スマートハブラシ”「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」を、本日11日に開催された記者発表会の会場で体験することができたので、ファーストインプレッションをお届けしよう。

 まず「ガム プレイ」の本体構成から簡単におさらい。歯ブラシ部分はサンスターグループ オーラルケアカンパニーが展開する、“歯周病とたたかうハブラシ”でもお馴染みの「GUM」シリーズの使用を推奨。通常のガム・デンタルブラシは「#191/211/407/409/166/266/466/202」、子ども用のガムデンタルブラシこどもは「#76/87」、さらに歯医者さんで取り扱われているプロフェッショナル用のガム・プロズデンタルブラシは「RS-M/RS-S/R-3M/R-3H/OR」の品番が対応する。

■市販のハブラシにアタッチメントを装着して使う

 歯ブラシの柄の先端に、Bluetooth通信機能と加速度センサー、ステータス確認用のLEDランプを内蔵する、いわば同製品の心臓部分である“アタッチメント”を装着するのだが、周りに専用の保護キャップを付けて柄の所に挿せばしっかりとグリップされて、歯磨きの際に歯ブラシを激しく揺らしても取れてしまうことはない。樹脂製のキャップは防滴使用なので、アタッチメントを水濡れから保護する役割もある。アタッチメントの電源は市販のコイン型電池CR2032を1個使う。

 キャップは歯ブラシスタンドにもなって、洗面台などにそのまま立てかけておけるので便利だ。色もホワイト/グリーン/グレー/ピンク/ブルーの5色が用意されているので、家族で使う時にもぱっと見わけが付く。なお1台のアタッチメントに100台までのスマホやタブレットをペアリングしておけるというが、本体価格が5,000円(税別)とそれほど高価ではないので、使い勝手になれてきて気に入ったら複数台を家族で揃えても良さそうだ。

 アタッチメントをスマホやタブレットにBluetooth経由でペアリングしたら、正しい歯磨きをコーチングしてくれる専用アプリをダンロードする。発売時にリリースされるアプリは「MOUTH BAND」「MOUTH MONSTER」「MOUTH NEWS」の3種類で、iOS/Android版がそれぞれ無料で提供されている。

 3つのアプリの特徴をそれぞれ紹介していく前に、全部のアプリに共通して搭載される2つの基本機能を確認しておきたい。「マウスチェック」はアプリの画面に「ブラッシングピッチ」と呼ぶ波形を表示しながら、正しい歯磨きの仕方をトレーニングする機能。波形は歯科衛生士が監修したブラッシングの動きを表していて、歯ブラシの動かし方を正しく身に着ければ「100点」のスコアが取得できる。

 「マウスログ」は歯磨きのデータを日・週・月・年単位で記録する機能。歯磨きの経過時間を棒グラフで、磨き具合を点数や色で示しながら100点満点のスコアで評価していく。口の中をエリアごとに16分割して、どの場所がきちんと磨けているか、あるいは磨き足りないかを把握できるオリジナルのUIを実装した点も特徴だ。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top