息を吹きかけるだけで飲酒状態を検知する車用スマートキー | RBB TODAY

息を吹きかけるだけで飲酒状態を検知する車用スマートキー

IT・デジタル ハードウェア

3種類の半導体ガスセンサーにより、酒気帯び状態と認識される濃度の1/10程度まで測定可能としている。試作機では検知器を運転席に近づけると、エンジン始動の可否がディスプレイ上に表示される(画像はプレスリリースより)
  • 3種類の半導体ガスセンサーにより、酒気帯び状態と認識される濃度の1/10程度まで測定可能としている。試作機では検知器を運転席に近づけると、エンジン始動の可否がディスプレイ上に表示される(画像はプレスリリースより)
 日立製作所と本田技術研究所は24日、車のスマートキーに対応したポータブル呼気アルコール検知器の試作に成功したことを発表した。

 同試作機は、スマートキーに息を吹きかけることで、人間の呼気特有の飽和水蒸気からエタノール濃度を約3秒で測定することを可能としている。

 従来のアルコール検知器といえば、大型のため車内に設置する必要があり、ドアを解錠するロックとしては使用できなかった。今回開発された試作機は小型かつ、スマートキーに対応するため、酒気帯び状態では搭乗前にエンジンを始動させないロックとして機能する。

 また、従来のポータブル型呼気アルコール検知器では、人間の呼気とそれ以外を判定することが難しかったが、呼気特有の飽和水蒸気を高感度で検知するセンサー技術の開発により、小型化を実現。

 今後両社は実証実験でデータを収集し、実用化を目指していくとのこと。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top