門脇麦、見てはいけないものを見てしまう | RBB TODAY

門脇麦、見てはいけないものを見てしまう

エンタメ 映画・ドラマ

『二重生活』ポスター (C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』ポスター (C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』(C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』(C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』(C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』(C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』(C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』(C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』(C) 2015 『二重生活』フィルムパートナーズ
門脇麦×長谷川博己×菅田将暉×リリー・フランキーという、日本映画を代表する最旬キャストで贈る新感覚の心理エンターテインメント『二重生活』。このほど、門脇さん演じるヒロイン・珠が行う禁断の尾行に心がざわつく予告編映像と、キャスト4人が勢ぞろいしたポスタービジュアルが解禁となった。

大学院で哲学を学ぶ珠(門脇麦)は、担当の篠原教授(リリー・フランキー)から、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかけられる。同棲中の彼(菅田将暉)にも相談できず、尾行に対して迷いを感じる珠。ある日、資料を探しに立ち寄った書店で、マンションの隣の一軒家に美しい妻と娘とともに住む石坂(長谷川博己)の姿を目にする。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。尾行の中で彼の秘密が明らかになっていくにつれ、珠は異常なほどの胸の高鳴りを感じていくが…。

直木賞作家・小池真理子の同名小説を、NHK特集ドラマ「ラジオ」で文化庁・芸術祭大賞受賞、国際エミー賞にノミネートされた気鋭の映像作家・岸善幸が大胆に脚色、映画初監督を務めた本作。

今回解禁となった予告編では、先立って公開された特報映像より、珠の“理由なき尾行”がさらにディープな領域へと踏み込んでいく。まるでドキュメンタリーを見ているかのようなリアルな映像は、尾行する者・珠の視点と、その珠を見つめる視点が入り交じり、見ず知らずの他人の日常を覗く高揚感と胸騒ぎをスリリングに体感させる映像となっている。

やがて、見てはいけないものを見てしまう珠、尾行に気づく石坂、恋人に対して疑心暗鬼になる男。それぞれの“二重生活”の向こう側に孤独が見え隠れし、いつの間にか彼らの自らの日常が浸食されていく――。


また、禁断の行為にいつしかハマッていく主人公・珠の心の成長物語ともなっている本作。門脇さんが繊細な演技で紡ぐ、その心の変化と成長にも注目していて。

『二重生活』は6月25日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

【予告編】門脇麦の禁断の尾行に心ざわつく!『二重生活』ポスターも解禁

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top