ドコモ、「Xperia Z5」3機種にAndroid 6.0提供開始!UI変更や省電力機能強化 | RBB TODAY

ドコモ、「Xperia Z5」3機種にAndroid 6.0提供開始!UI変更や省電力機能強化

IT・デジタル モバイル

「Xperia Z5 SO-01H」
  • 「Xperia Z5 SO-01H」
  • ドコモが「Xperia Z5」シリーズの3機種をAndroid 6.0にバージョンアップ
  • 「Xperia Z5 Compact SO-02H」
  • 「Xperia Z5 Premium SO-03H」
 NTTドコモは2日、Androidスマートフォン「Xperia Z5 SO-01H」「Xperia Z5 Compact SO-02H」「Xperia Z5 Premium SO-03H」の3機種をAndroid 6.0にバージョンアップするアップデートの提供を開始した。

 Android 6.0となることで、ホームボタンを長押しで起動中のアプリから欲しい情報を提案する「Now on Tap」、自動スリープや使っていないアプリの電力消費を制限する省電力機能の強化、アプリごとの権限設定などの機能が追加、強化される。

 またXperia独自の機能として、Xperiaホームに画面スワイプ時のエフェクトを変更する機能、カメラのUIの変更、画面の操作に合わせて下部に表示されるスモールアプリバーが隠れるようになるなどの視認性の向上などが図られる。

 アップデートは端末本体とPC経由が用意されており、端末本体で行う場合は、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「アップデートを開始」を選択し、画面の案内に従って操作を行う。PC経由は3月2日時点で準備中だが、順次提供される予定。アップデートにかかる時間は「Xperia Z5 SO-01H」が約75分、「Xperia Z5 Compact SO-02H」が約73分、「Xperia Z5 Premium SO-03H」が約75分となっている。自動更新には対応していないので、時間を見計らって手動で行う必要がある。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top