360度のリアルタイム3Dイメージングが可能に……全方位レーザーライダー | RBB TODAY

360度のリアルタイム3Dイメージングが可能に……全方位レーザーライダー

エンタープライズ セキュリティ

LiDAR技術は軍事用途や自動運転技術の中核としても注目されており、VLP-16は小型の汎用製品として注目を集めていた。重量も830gと軽量のため、ドローンへの搭載も想定される(撮影:防犯システム取材班)
  • LiDAR技術は軍事用途や自動運転技術の中核としても注目されており、VLP-16は小型の汎用製品として注目を集めていた。重量も830gと軽量のため、ドローンへの搭載も想定される(撮影:防犯システム取材班)
  • 同社では他にもOccamVisionGroup製全方位カメラ「Omniシリーズ」なども展示。Omni60を2台使用した全方位ステレオカメラ「OmniStereo」はパノラマRAWデータとDepth情報の取得が可能(撮影:防犯システム取材班)
 パシフィコ横浜で開催された「国際画像機器展2015」にて、アルゴはVelodyne社製の全方位LiDARイメージングユニットなどの実演展示を行った。

 「LiDAR」は、パルス状に発光するレーザーを照射して散乱光の反射時間から距離を算出する技術で、同社のHDLシリーズは回転機構を組み合わせることにより、360度全周のリアルタイム3Dイメージングを行うことを可能としている。

 ユニットは超小型のため車載や無人機械への搭載に適合しており、加速度センサー及びジャイロセンサーとGPS位置測位を連携することも可能。自動運転用として開発された経緯を持つが、汎用性の高さから3D地図の作成、ナビゲーションなどさまざまな用途での使用が想定されている。

 手のひらサイズの「VLP-16」は16個のレーザーと検出器を備え、精度±3cm、測定距離は約100m、測定ポイント数は約300,000ポイント/秒となっている。価格は約130万円。

 上位モデルの「HDL-32e」は32個のレーザーと検出器を備え、精度±2cm、測定距離約70m、測定ポイント数は約700,000ポイント/秒となる。加速度センサーと六軸ジャイロセンサーも備えている。価格は約580万円となっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top