LINE対応の“Androidガラケー”「AQUOSケータイ」、ソフトバンクが12月4日に発売 | RBB TODAY

LINE対応の“Androidガラケー”「AQUOSケータイ」、ソフトバンクが12月4日に発売

IT・デジタル モバイル

1,410mAhの大容量バッテリを備えた「AQUOS ケータイ」
  • 1,410mAhの大容量バッテリを備えた「AQUOS ケータイ」
  • 「AQUOS ケータイ」は全8色をラインナップ
  • 「AQUOSケータイ504SH」はレッド、ホワイト、ブラックの3色展開
 ソフトバンクは、冬春モデルとして発表した同社初のAndroidフィーチャーフォン「AQUOSケータイ」を12月4日に発売する。コミュニケーションアプリ「LINE」に対応する。

 3.4インチの液晶を搭載したフィーチャーフォンで、1,410mAhの大容量バッテリと省エネモードによるロングライフ、3.8GBという大容量のデータフォルダを内蔵していることが特長。テンキー面をタッチパッドのように使える「タッチクルーザーEX」も備える。

 液晶は540×960ピクセル、カメラは800万画素で、防水・防塵、ワンセグ、GPS、Bluetooth、赤外線通信、省エネモードといった機能を装備する。おサイフケータイやGoogle Play、Wi-Fiには非対応で、Android搭載の“ガラケー”といえる。

 ネットワークは3G(HSPDA+)対応で、高音質機能「3D HD Voice」も備える。本体サイズは幅51mm×高さ113mm×奥行17.6mm(折りたたみ時)、約124g。カラーはホワイト、ゴールド、ピンク、ターコイズ、パープル、レッド、ネイビー、ブラックの8色が用意される。

 同機は、Y!mobileブランドでも「AQUOSケータイ 504SH」として販売される。レッド、ホワイト、ブラックの3色がラインナップされる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top