換気中の窓でも防犯対策できる「薄型窓アラーム衝撃開放センサー窓ロック」 | RBB TODAY

換気中の窓でも防犯対策できる「薄型窓アラーム衝撃開放センサー窓ロック」

ブロードバンド セキュリティ

いずれもコイン型リチウム電池を使用し、電池寿命は約3年間。窓ロックの貼付け面には 警戒中の文字が印刷されており、周囲への防犯対策をアピールする(画像はプレスリリースより)
  • いずれもコイン型リチウム電池を使用し、電池寿命は約3年間。窓ロックの貼付け面には 警戒中の文字が印刷されており、周囲への防犯対策をアピールする(画像はプレスリリースより)
  • 換気をしながら防犯センサーが使える「薄型窓アラーム衝撃開放センサー窓ロック」。マグネットセンサーと本体が25~30mm以上離れるとアラームが鳴動(画像はプレスリリースより)
  • 「薄型窓アラーム衝撃開放センサー窓ロック」のロック機構を解除している状態での設置例(画像はプレスリリースより)
  • 本体のフラップ部分を起こすことでロック機構が設定状態となり、35mm以上窓が開かなくなる(画像はプレスリリースより)
  • ロック機構がない「薄型窓アラーム衝撃開放センサー」は、換気の必要がない窓への設置向け(画像はプレスリリースより)
  • 衝撃検知に機能を絞った「薄型窓アラーム衝撃センサー」はあまり開閉しない窓や小さな窓向け(画像はプレスリリースより)
 ヤザワコーポレーションは28日、窓からの侵入を防ぐ防犯製品3種6製品を発売開始した。

 なかでも「薄型窓アラーム衝撃開放センサー窓ロック」の特徴は、窓を少し開けた状態でも侵入者対策ができる点。35mm以上窓が開かないロック機構を搭載し、それ以上開けられた場合や、衝撃を検知した際に約90dbの大音量アラームが鳴動する。

 ロック機構は任意で解除と設定ができるので、設置したからといって、35mm以上窓が開けられなくなるわけではない。戸建てなどで、「目が行き届かない部屋の換気をしたいけど、窓を開けっ放しにしておくのは不安だ」といったニーズを満たすような製品だといえる。

 換気を必要としない窓向けには、「薄型窓アラーム衝撃+開放センサー」。あまり開閉しない窓や小さな窓には、「薄型窓アラーム衝撃センサー」など、設置する窓、用途に応じたラインナップをそろえる。

 3製品ともブラウンとライトグレーの2色が用意されている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top