Android 6.0搭載「Nexus 6P」はソフトバンクが独占販売……発売は10月下旬 | RBB TODAY

Android 6.0搭載「Nexus 6P」はソフトバンクが独占販売……発売は10月下旬

IT・デジタル モバイル

Android 6.0搭載「Nexus 6P」はソフトバンクが独占販売
  • Android 6.0搭載「Nexus 6P」はソフトバンクが独占販売
  • 「Nexus 6P」の背面
  • Android 6.0搭載「Nexus 6P」
  • アルミニウムモデル
  • グラファイトモデル
  • ゴールドモデル
  • フロストモデル
 ソフトバンクは8日、冬春モデルとして5.7インチディスプレイ採用の「Nexus 6P」を発表した。Android 6.0 Marshmallowを搭載する同機は、日本においてはソフトバンクが独占販売する。9日から予約が開始され、発売は10月下旬の予定。

 「Nexus 6P」は、解像度2,560×1,440ピクセル/518ppiの高精細有機ELディスプレイを搭載。ディスプレイ表面には、Corning Gorilla Glass 4を採用し、より衝撃に強い構造となっている。また、カメラはメインが1230万画素で4K動画撮影、120fpsスローモーション撮影に対応。インカメラも800万画素とセルフィーを強化するなど高性能なカメラ機能が特長となっている。急速充電に対応し、指紋センサー、USB Type-C端子も搭載する。

 OSはAndroid 6.0(Marshmallow)が初めから搭載されており、プロセッサはオクタコア(8コア)のSnapdragon 810(2.0GHz)、メモリは3GB。ストレージは32GBがアルミニウム、グラファイトの2色、64GBがグラファイト、フロスト、ゴールドの3色が用意される。

 ネットワークはLTEのキャリアアグリゲーションに対応しており、下り最大187.5Mbps。IEEE 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2、NFCをサポート(おサイフケータイは非対応)。GPS、VoLTE、MMSなどの機能を内蔵する。バッテリは3,450mAhで、連続通話時間は約1,200分(LTE)、連続待ち受け時間は約400時間(静止状態)。本体サイズは高さ159.3mm×幅77.8mm×奥行7.3mm、重さは178g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top