篠原涼子、「偏屈な人が好き」?!...母性本能くすぐられる | RBB TODAY

篠原涼子、「偏屈な人が好き」?!...母性本能くすぐられる

エンタメ 映画・ドラマ

篠原涼子/「オトナ女子」制作会見
  • 篠原涼子/「オトナ女子」制作会見
  • 吉瀬美智子、篠原涼子、鈴木砂羽、谷原章介、江口洋介/「オトナ女子」制作会見
  • 篠原涼子、谷原章介/「オトナ女子」制作会見
  • 吉瀬美智子/「オトナ女子」制作会見
  • 鈴木砂羽/「オトナ女子」制作会見
  • 谷原章介/「オトナ女子」制作会見
  • 江口洋介/「オトナ女子」制作会見
  • 篠原涼子/「オトナ女子」制作会見
フジテレビ系連続ドラマ「オトナ女子」の制作会見が10月6日(火)都内で行われ、主演の篠原涼子、共演の吉瀬美智子、鈴木砂羽、谷原章介、江口洋介が出席。篠原さんは、意外過ぎる理想の“オトナ男子”像を明かした。

40歳の仲良し女子3人が、ダメな男たちに振り回されながらも、恋に仕事に奮闘していくラブコメディ。アゲマンながらも自分は幸せになれない独身会社員・中原亜紀を篠原さん、その親友で、ホレっぽく様々な男性にアプローチする独身女子・大崎萠子を吉瀬さん、バツイチ3人の子持ち・坂田みどりを鈴木さんが演じる。亜紀と出会う過去に一世を風靡した脚本家・高山文夫を江口さん、亜紀の会社の社長で女遊びの激しい栗田純一を谷原さんが務める。

「ラスト・シンデレラ」以来約2年半ぶりの連ドラ主演の篠原さんは「こんなに大好きなメンバーと女子会としてできるのは、幸せ過ぎてスイマセンという感じ」と、共に40代の共演陣に感謝しきり。理想の“オトナ男子”の話になると「意外とこう見えて、偏屈な人が好き」と告白し「可愛く見えるし、母性本能がくすぐられる。“何を言っているのよ~”って守りたくなる。若い人が偏屈な事を言うのは可愛げがないけれど、大人になってからのはいいですね」と満面の笑みを浮かべた。

また自身にとっての“オトナ女子”は「いくつになってもトキメいていられるピュアな心を持っている女性」といい「私もそういう気持ちでいくつになってもトキメキのある心を持っていたい」と憧れた。一方、吉瀬さんは「可愛らしい感じで包容力のある人。若い方にないものを持っているのが、オトナ女子」と定義。幸せを感じる時間を聞かれると「私には家庭もありますし、子どもも大事。仕事終わりに美味しいご飯を食べるのが幸せ」と家庭的な一面をのぞかせた。

一方、プレイボーイな役どころの谷原さんは「キスシーンや濡れ場をあまりやったことがなくて、凄く緊張しました。久々過ぎてドキドキしながら撮影しています」と役とは真逆の精神状態を報告。幸せを感じる時間は「仕事が早く終わった時に、家族には内緒で映画を一人で観るとき。内緒だけれど家に帰ると感想を漏らしてしまうので、いつもバレる。脇が甘いですね」と頭をかいていた。

フジテレビ系連続ドラマ「オトナ女子」は、10月15日午後10:00スタート。

篠原涼子、好きな男性のタイプは偏屈系!?「母性本能くすぐられる」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top