合わせガラス用「採光フィルム」をDNPが開発 | RBB TODAY

合わせガラス用「採光フィルム」をDNPが開発

エンタープライズ セキュリティ

同製品の概略図。日当たりの悪い北窓に設置して検証したところ、明るさは使用前と比べて2倍に向上、照明エネルギーを13%削減できたという(画像はプレスリリースより)
  • 同製品の概略図。日当たりの悪い北窓に設置して検証したところ、明るさは使用前と比べて2倍に向上、照明エネルギーを13%削減できたという(画像はプレスリリースより)
  • 従来の合わせガラスと比較すると、室内の明るさの差が明確。写真左が従来の合わせガラスで、写真右が同製品を採用した合わせガラスとなる(画像はプレスリリースより)
 大日本印刷(DNP)は5日、太陽光を効果的に反射・拡散させ、室内をより明るくする「DNP採光フィルム(合わせガラス用)」を10月より発売することを発表した。

 従来の合わせガラスは、フィルムを2枚のガラスで貼り合わせることで割れにくくしているが、製作工程で採光機能が低下するという課題があった。

 「DNP採光フィルム(合わせガラス用)」は、フィルム内部に光を拡散させる機能を持たせ、材料の光学特性を最適化したことにより、従来の合わせガラスが持つ高耐久性を実現しながら、採光機能を損なわない仕様となっている。

 今後は、同製品を一般住宅やオフィスビル、各種施設向けに広く販売し、2017年度までに30億円の売上を目標としている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top