Android Wear搭載で初のLTE対応、LGが新型スマートウォッチ発表 | RBB TODAY

Android Wear搭載で初のLTE対応、LGが新型スマートウォッチ発表

IT・デジタル モバイル

Android Wear搭載で初のLTE対応スマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」
  • Android Wear搭載で初のLTE対応スマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」
 LG Electronicsは1日(現地時間)、Android Wear搭載のスマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」を発表した。同OS搭載モデルとして初のLTE対応モデルとなる。

 丸型のメタルボディデザインのスマートウォッチで、Android Wear搭載では初のLTE対応で音声通話やデータ通信が可能。VoLTEもサポートする。

 ディスプレイは1.38インチ、480×480ピクセル(348ppi)のP-OLED、プロセッサはクアッドコアのSnapdragon 410(1.2GHz)、メモリ768MB、ストレージ4GB。IP67 の防水・防塵、9軸(ジャイロ/加速度/コンパス)、気圧、心拍、GPSなどのセンサーを備える。側面にある3つのボタンで、連絡先やアプリへのクイックアクセスが可能だ。

 ネットワークはLTE/3G(W-CDMA)、IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.1、NFCに対応。バッテリは「LG Watch Urbane」の410mAhから570mAhと強化されている。本体部分のサイズは直径44.5mm×厚み14.2mm。スペースブラック、ルクスホワイト、オパールブルー、シグネチャーブラウンの4色が用意される。発売時期、エリア、価格などの詳細は未公表で、改めてアナウンスされる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top