IoT活用でサーバルームを省エネ、富士通と日本工営が協業 | RBB TODAY

IoT活用でサーバルームを省エネ、富士通と日本工営が協業

 富士通と日本工営は3日、国内企業のサーバルーム向けに、IoTによる省エネ化サービスを10月より提供することを発表した。将来的には、オフィスビルや店舗など、サーバルーム以外の建物への展開も視野に入れる。

エンタープライズ ハードウェア
サービスの概要
  • サービスの概要
  • 「FUJITSU Intelligent Society Solution Enetune-BEMS」サービスイメージ
 富士通と日本工営は3日、国内企業のサーバルーム向けに、IoTによる省エネ化サービスを10月より提供することを発表した。将来的には、オフィスビルや店舗など、サーバルーム以外の建物への展開も視野に入れる。

 建物内のエネルギー使用量の可視化と空調・照明設備の遠隔制御を行う、富士通のクラウド型EMSサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution Enetune-BEMS」と、日本工営の省エネ運用や改修技術を組み合わせて提供する。サーバルームでの電力使用状況の監視から省エネ化コンサルティング、設備の導入工事、政府系補助事業の申請手続まで一括で対応するとのこと。

 富士通社内のサーバルームで実施した実証実験では、ラック数約200台のサーバルームにおいて、空調搬送動力の消費電力を27%削減(年間で約200万円の電力料金に相当)できたという。販売価格は初期費用500万円より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top