サムスン、丸型ディスプレイになったスマートウォッチ「Gear S2」発表 | RBB TODAY

サムスン、丸型ディスプレイになったスマートウォッチ「Gear S2」発表

IT・デジタル モバイル

1.2インチSuper AMOLEDの丸型ディスプレイ搭載の「Gear S2」
  • 1.2インチSuper AMOLEDの丸型ディスプレイ搭載の「Gear S2」
  • レザーバンドを採用した「Gear S2 classic」
 サムスンが8月31日(現地時間)、新型スマートウォッチ「Gear S2」を発表した。丸型ディスプレイを搭載してより腕時計に近いデザインとなった。9月4日からのIFA 2015で披露される。

 角形で手首に沿った曲面ディスプレイを採用した前モデル「Gear S」からデザインは大きく変更。1.2インチSuper AMOLEDの丸型ディスプレイ(解像度360×360ピクセル・302ppi)を採用した。OSには前モデル同様、Tizenをベースにしたウェアラブル用独自OSを搭載する。プロセッサは1GHzのデュアルコア、メモリ512MB、ストレージ4GBを内蔵する。

 ラインナップは、スタンダートな「Gear S2」、レザーバンドを採用した「Gear S2 classic」で、「Gear S2」は単体で3Gネットワークに接続可能な「Gear S2 3G Version」も用意される。発売時期、価格については未発表。

 回転式のベゼルと「ホーム」「戻る」ボタンで操作する。スマートフォンからの通知、カレンダー、メール、ニュースを確認でき、定型文のテキストも送信できる。

 ワイヤレスは802.11b/g/n Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCに対応。IP68相当の防水・防塵、加速度計、ジャイロ、心拍計、光、気圧計といったセンサー類を装備する。バッテリは250mAhで、2~3日の連続使用が可能(「Gear S2 3G Version」は300mAhで約2日間)。本体サイズは「Gear S2」が42.3×49.8×11.4mm/47g、「Gear S2 classic」が39.9×43.6×11.4mm/42g、「Gear S2 3G Version」が44.0×51.8×13.4mm/51g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top