企業向け災害情報配信サービス「DR-Info」に新機能が追加……パスコ | RBB TODAY

企業向け災害情報配信サービス「DR-Info」に新機能が追加……パスコ

エンタープライズ その他

該当する地域の拠点において、特別警報が発報された地域を地図表示し、従業員や取引先への安全確保が行える(画像はプレスリリースより)
  • 該当する地域の拠点において、特別警報が発報された地域を地図表示し、従業員や取引先への安全確保が行える(画像はプレスリリースより)
  • 地震による被災の可能性を地図で表示することも可能。自社の拠点がある地域の震度の状況などを一覧できる(画像はプレスリリースより)
 パスコは、企業向け災害情報配信「災害リスク情報サービス:DR-Info」(Ver.2.0.0)を9月からリリースすることを発表した。気象庁から提供される予測情報や交通規制情報などを元に、被害情報や被害予測を提供するサービスとなっている。

 「DR-Info」は、企業の防災担当者が情報収集業務を軽減してリスクを回避するために、平常時の自然災害対策計画策定、異常気象時の早期対策と判断支援、大規模災害発生時の従業員・取引先の安全確保と事業継続のための判断支援などを提供するシステムとなっている。

 新バージョンでは「特別警報発報メールの送信」、「地震による被災の可能性を地図でお知らせ」、「累積雨量表示」などの機能を新たに追加した。

 特別警報が発報された場所や地震発生地域の地図表示による早期の対策検討や、道路通行規制判定に対する分析(累積雨量による影響か集中豪雨に影響かなど)を可能としている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top