SBクリエイティブと資生堂、ドラッグストアで顧客行動分析の実証実験 | RBB TODAY

SBクリエイティブと資生堂、ドラッグストアで顧客行動分析の実証実験

エンタープライズ ハードウェア
「インテリジェント・シェルフ」イメージ
  • 「インテリジェント・シェルフ」イメージ
  • 「インテリジェント・シェルフ」イメージ
 SBクリエイティブは14日、資生堂と共同で、顧客行動分析が可能なデジタルサイネージサービス「インテリジェント・シェルフ」について、首都圏のドラッグストア3店舗にて実証実験を行うことを発表した。

 「インテリジェント・シェルフ」は、店舗の商品棚に小型ディスプレイを取り付け、インターネット経由で商品情報を発信できるサービス。モーションセンサーや顔認識センサーなどを連携させることで、顧客行動の分析も可能だ。

 今回の実験では、来店客が棚のどの部分を注視するか、購入品目ごとの訪問者数・滞在時間・接触者数など、プロモーションとの因果関係や効果測定を行う。表情を読み取り、「どのような情報が顧客満足度を高めるか」を分析したりすることも予定しているという。

 実験を行うドラッグストアは「都市型店舗」「モール内店舗」「郊外型店舗」の3店舗を予定しており、それぞれの差異を検証するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top