実物大ラジコンでサーキット対決……田村淳vs庄司智春vs南明奈 | RBB TODAY

実物大ラジコンでサーキット対決……田村淳vs庄司智春vs南明奈

 実物大ラジコンを使い本物のサーキットでレースをする!! 田村淳(ロンドンブーツ1号2号)vs庄司智春(品川庄司)vs南明奈の、筑波サーキット(茨城県)での対決の模様が、7月31日よりYouTubeで配信されている。

エンタメ フォトレポート
【VELLFIRE LEGEND】第三弾 実物大ラジコン タイムトライアル
  • 【VELLFIRE LEGEND】第三弾 実物大ラジコン タイムトライアル
  • 【VELLFIRE LEGEND】第三弾 実物大ラジコン タイムトライアル
  • 田村淳
  • 南明奈
  • 庄司智春
  • 【VELLFIRE LEGEND】第三弾 実物大ラジコン タイムトライアル
  • スピード感はないが……
  • 庄司には負けたくない
 実物大ラジコンを使い本物のサーキットでレースをする!! 田村淳(ロンドンブーツ1号2号)vs庄司智春(品川庄司)vs南明奈の、筑波サーキット(茨城県)での対決の模様が、7月31日よりYouTubeで配信されている。

 トヨタ自動車が1月よりスタートした『VELLFIRE Presents VELLFIRE LEGENDプロジェクト』は、“自由・個性・冒険”をテーマに、「ヴェルファイア(VELLFIRE)」を実際に使って様々な挑戦をするプロジェクトだ。

 田村を出演兼番組プロデューサーとして迎え、ヴェルファイアを使って行なう“ヤンチャ”な企画を展開している。企画第1弾が『直線走行対決』、第2弾が『ドライブデートチャレンジ』だった。その模様は毎月第2、第4金曜日に、YouTube番組「VELLFIRE LEGEND」として配信されている。

 そして第3弾が、ヴェルファイアの実物大ラジコンを制作し、本物のサーキットでレースをする「実物大ラジコンレース対決」という企画だ。追走車(これもヴェルファイア)に乗ってコントローラーを操縦しながらサーキットで走らせる。最高速度は20km/h、1周1039mのコースを2周走って、合計タイムを競った。実車でもない、スケールモデルでもない、実物大のライジコンをわざわざ制作し、本物のレースが開催されるサーキットでタイムを競うのだ。

 ヴェルファイアの実物大ラジコンは、本物そっくりの出来。筑波サーキットに現れたとき「うわ~すげぇ…、動かしとるで!!」と驚く田村。実物大ラジコンの制作決定と作業については、すでに動画配信されているが、完成した実物を見るのは田村もゲストの2人もレース当日が初めて。練習では「怖いなぁ」(田村)、「もどかしい」「もっとギュンギュンに」(南)、「うおーおわ、おわ、わーそういうこと…」「動いてますね」(庄司)と、三者三様の感想。

 本番第1走者は庄司だ。「優勝して、嫁さんの名前叫ばしていただきます。ミキティーーー!!」。レースがスタートし、ゆっくりと田村の前を通過。「スピード感はないけどスケール感はある」と田村。田村は「ネット配信の時は3倍速で」とネット視聴者に気を遣う。庄司の合計タイムは5分44秒06だった。

 続いて南。南はカートレースに参戦する他、プライベートの移動車としても「ヴェルファイア」を使用している。レース前に田村から「壊さないでよ」と言われると「分かんない」と闘志に火が付いた様子。1周目で庄司より遅いとわかると2周目ではインコースを攻めたものの、合計タイムは5分45秒98で、わずかの差で庄司が暫定1位に。

 最後は田村が走らせる。「ヴェルファイアの車幅とかを一番理解しているのは、僕。素人“ヴェルファイア族”の2人には負けられない」と意気込んでスタート。序盤からインコースを攻める様子を見て焦ったのか、庄司が田村の乗るヴェルファイアに近づきジャマをする。庄司をかわし2周目も攻める田村だったが、「いけいけ!!」と余裕を見せていた瞬間にコースアウト!! それでも合計タイムは5分29秒30で、庄司より約15秒速いタイムで優勝した。「やっぱヴェルファイア愛してるし! ヴェルファイアに乗ってるから!!」と勝因を語る田村だった。

 さらに、このレースをCMクリエイター集団がスタイリッシュに撮影~編集。この動画のためだけに作詞作曲された「ヴェルファイアラップ」を田村、庄司、南が唱っている。


《高木啓》

関連ニュース

特集

page top