富士通、交通・道路分野におけるデータ分析サービスの研究・開発会社を設立 | RBB TODAY

富士通、交通・道路分野におけるデータ分析サービスの研究・開発会社を設立

 富士通、富士通交通・道路データサービス、地域未来研究所は3日、「株式会社富士通TR・REC研究所」を設立したことを発表した。

エンタープライズ その他
データ活用・分析領域の拡大に向けた連携の概念図(画像はプレスリリースより)
  • データ活用・分析領域の拡大に向けた連携の概念図(画像はプレスリリースより)
  • 富士通交通・道路データサービスが提供する商用車データ 分析サービスの概要(画像はプレスリリースより)
  • 富士通交通・道路データサービスが提供する道路データ分析サービスの概要 (画像はプレスリリースより)
 富士通、富士通交通・道路データサービス、地域未来研究所は3日、「株式会社富士通TR・REC研究所」を設立したことを発表した。

 輸送事業者、道路整備・管理事業者向けに、IoT・ビッグデータを活用した新規分析サービスを研究・開発していく。

 富士通と富士通交通・道路データサービスが持つICT活用技術、商用車データ分析サービスと、地域未来研究所の道路交通に関する知見を組み合わせて、道路整備・管理事業者向けの新規分析サービスを2015年度下半期に、輸送事業者向けの新規分析サービスを2016年度の提供開始として研究開発を行う。

 主要路線の交通量と発着地点図を可視化した定点モニタリングデータサービス、道の駅利用分析データサービス、ヒヤリ・ハット箇所のデータ分析サービスや、物流効率化のためのデータ分析サービス、施設立地検討のためのデータ分析サービスなどを提供していく。

 資本金は1000万円、出資比率は富士通交通・道路データサービスが70%、地域未来研究所が30%となっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top