CEATEC JAPAN 2015、テーマは「NEXT-夢を力に、未来への挑戦」……開催概要が発表 | RBB TODAY

CEATEC JAPAN 2015、テーマは「NEXT-夢を力に、未来への挑戦」……開催概要が発表

ブロードバンド テクノロジー

「CEATEC JAPAN 2015」サイトトップページ
  • 「CEATEC JAPAN 2015」サイトトップページ
  • 会場区分イメージ
 IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2015」の概要が28日に発表された。10月7日から10月10日までの4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される。

 今年のテーマは『NEXT -夢を力に、未来への挑戦』。IoTの拡大やビッグデータの利活用の広がりや人工知能の進化などの技術革新、実世界・サイバー空間の情報連携がもたらす“サイバーフィジカルシステム(CPS)”による情報化社会の実現に向けた取組みなどを紹介する方針だ。

 コンファレンスでは、初日の10月7日に、シャープ水嶋繁光 取締役会長、NEC遠藤信博 代表取締役 執行役員社長、豆蔵ホールディングス荻原紀男 代表取締役社長によるキーノートスピーチが行われる。10月7日の午前中には、ゲストスピーチとして、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 常務理事(副事務総長) 佐藤 広氏と、日本人宇宙飛行士の山崎直子氏による講演会も開催される。

 その他、日ごとにターゲットに向けたコンベンションと連動し、10月7日は経営・マネジメント層向けのセッション、10月8日・9日は、技術者向けセッション、10月10日は、これからのIT・エレクトロニクスを担う次世代に向けたセッションなど、約100のセッションが開催される予定。

 会場は新しいライフスタイルなどを体現できる「ライフ&ソサエティ ステージ」と、最先端の電子部品・デバイスを集めた「キーテクノロジ ステージ」、近未来の社会や今後のトレンドにスポットを当てた「NEXTイノベーションエリア」で構成される。その他、特別企画も展開。『3D Printing@Home』と『Robot@Home』が今回初めて開催される。来場は登録入場制で、事前登録は無料。当日登録は一般1,000円。

■開催概要
会期:2015年10月7日(水)~10日(土) 10時~17時
会場:幕張メッセ (千葉市美浜区中瀬2-1)
入場:全来場者登録入場制
 当日登録:入場料一般1,000円・学生500円(学生20名以上の団体および小学生以下は入場無料)
 Web事前登録者・招待券持参による当日登録者:入場無料
 無料公開日(10月10日):入場無料(18才以上は入場登録が必要です)
主催:CEATEC JAPAN実施協議会、電子情報技術産業協会(JEITA)、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)、コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top