ニールセン、米国・中国などに続き「デジタル広告視聴率」を日本にも導入 | RBB TODAY

ニールセン、米国・中国などに続き「デジタル広告視聴率」を日本にも導入

 ニールセンは14日、新サービス「ニールセン デジタル広告視聴率」(Nielsen Digital Ad Ratings)の日本での提供を開始した。北米、中国、欧州など12ヵ国で展開していたが、日本でも同日より正式導入された。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
レポートの例
  • レポートの例
  • レポートの例
  • レポートの例
 ニールセンは14日、新サービス「ニールセン デジタル広告視聴率」(Nielsen Digital Ad Ratings)の日本での提供を開始した。北米、中国、欧州など12ヵ国で展開していたが、日本でも同日より正式導入された。

 「ニールセン デジタル広告視聴率」は、テレビ視聴率と同様のリーチやGRP指標を用いて、PCやモバイルなどのデジタル広告の包括的な分析結果を翌日に提供するサービス。オンライン広告に従来の“クリック数”以外の効果計測方法を導入し、キャンペーンのリーチ(到達度)を計測可能とした。広告主は、テレビ広告の延べ視聴率と同様に、オンライン広告を管理できるようになる。

 「ニールセン デジタル広告視聴率」の日本でのサービス提供は、Facebookとのパートナーシップによって実現したという。日本で2,300万人の登録者を持つFacebookのユーザー・データベースをパネルと見立て、ニールセンのオンライン・パネル情報と複合的に組み合わせることで、広告に接触した人々を、性別・年齢層まで把握可能とした。

 なお今後は、フィリピン、タイ、マレーシア、メキシコでも提供を開始する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top