ボンドガールを壁ドン! 『007 スペクター』予告編第2弾解禁! | RBB TODAY

ボンドガールを壁ドン! 『007 スペクター』予告編第2弾解禁!

エンタメ 映画・ドラマ

「007」シリーズ最新作『007 スペクター』SPECTRE (c) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved
  • 「007」シリーズ最新作『007 スペクター』SPECTRE (c) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved
  • ダニエル・クレイグ/『007 スカイフォール』ワールド・プレミア(c)Getty Images
 12月4日に日本公開が決定している「007」シリーズ最新作『007 スペクター』の、予告編映像第2弾がこのほど解禁された。そこには、モニカ・ベルッチ演じる“ボンドガール”と、主演ダニエル・クレイグが“壁ドン”状態で熱く見つめ合うシーンも。

 今回届いた最新映像は、前半部分は既報でも明かされていた、今作の要であるボンドの少年期の秘密を暗示させるシーンが。しかし後半は、クリストフ・ヴァルツ演じる悪役オーバーハウザーの「ジェームズ、よく来た。久しぶりだ」のセリフから、怒涛のアクションシーンへ。雪山アクション、ローマ市街地を封鎖し撮影さた壮大なカーチェイス、オープニングの舞台となるメキシコのシーンでは何者かを追いかけるボンドの姿など、スピード感のある予告編だ。

 そんなスピーディーな映像のなかに、艶っぽさを加えるのがレア・セドゥ&モニカ・ベルッチ演じる2人のボンドガール。特に、モニカを“壁ドン”状態で見つめ、「あなたは……」という問いかけに、ダニエル演じるボンドが「ボンド。ジェームズ・ボンド……」とささやくお約束の自己紹介も遂に解禁。まだまだ謎に包まれている同作だが、さらにその全貌を観たくなる映像となっている。

 『007 スペクター』は12月4日日本公開予定。

《田中沙織》

関連ニュース

特集

page top