【Interop 2015 Vol.20】セキュリティを1サーバーで疑似試験……ハイパーバイザー上で動作する仮想テスター | RBB TODAY

【Interop 2015 Vol.20】セキュリティを1サーバーで疑似試験……ハイパーバイザー上で動作する仮想テスター

 イクシアコミュニケーションズは10日、幕張メッセで開催中のInterop Tokyo 2015で、仮想環境で動作するセキュリティ試験向けのテスター「BreakingPoint Virtual Edition」に関する展示を行った。

ブロードバンド セキュリティ
NFV部門で準グランプリを受賞した「BreakingPoint Virtual Edition」
  • NFV部門で準グランプリを受賞した「BreakingPoint Virtual Edition」
  • ブースでは他にもテスターやベンチマークに関する展示が行われていた
 イクシアコミュニケーションズは10日、幕張メッセで開催中のInterop Tokyo 2015で、仮想環境で動作するセキュリティ試験向けのテスター「BreakingPoint Virtual Edition」に関する展示を行った。

 同社のエンジニアによると、近年ではハイパーバイザーの上ですべてのネットワーク機器を動かしたいというニーズが増えているという。このテスターは従来、同社がハードウェアで提供してきた「BreakingPoint」のシステム全てを、ハイパーバイザーの上にデプロイできるようにしたもの。試験対象も同じハイパーバイザーの上で動作させることにより、バーチャルなファイアウォールやDPIが正しく動作するかを、ひとつのサーバー上で疑似再現してテストできる。

 これによって、セキュリティアーキテクチャを導入前の時点で、その信頼度を試せるようになる。導入後のセキュリティテストでは、試験対象の機器が落ちたり止まったりするケースもあるが、これならパフォーマンスまでを事前にチェックすることが可能。さらに、ハードウェアがなくなることで、インストールやセットアップなどの手間がなくなり、すぐに試験が行えるのも魅力だ。

 同製品は15年2月10日にリリースしており、現在はベンダーへの導入を進めているとのこと。今後はキャリアやプロバイダーの導入前検証向けにも提案を行っていくという。“仮想化=パフォーマンスの低下”ではないかと疑問視する声は未だ大きいが、仮想環境でのテストが進めば、その普及にも弾みがつくかもしれない。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top