楽天、約1880億円を公募増資で調達 | RBB TODAY

楽天、約1880億円を公募増資で調達

 楽天は4日、普通株式9960万6500株を新たに発行することを決定した。これにより、1880億400万円を調達する見込みだ(手取概算額の合計上限)。公募増資後の発行済株式総数は14億2966万1900株となる。

エンタープライズ 企業
募集による新株式発行について(1/2)
  • 募集による新株式発行について(1/2)
  • 募集による新株式発行について(2/2)
 楽天は4日、普通株式9960万6500株を新たに発行することを決定した。これにより、1880億400万円を調達する見込みだ(手取概算額の合計上限)。公募増資後の発行済株式総数は14億2966万1900株となる。

 国内における一般募集(3984万2600株)は、大和証券が主幹事会社となる。海外市場における募集(5976万3900株)は、Goldman Sachs International、Daiwa Capital Markets Europe LimitedおよびMorgan Stanley & Co. International plcが共同主幹事会社となる。

 調達した資金については、800億円をコマーシャル・ペーパーの償還資金に、495億円を銀行とのコミットメントライン契約に係る借入金の返済資金に、401億5000万円を銀行からの借入金の返済資金に、残額を設備投資資金に充当する予定。

 払込金額については、6月23日~26日のいずれかに決定するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top