日本年金機構、不正アクセスにより125万件の個人情報が流出 | RBB TODAY

日本年金機構、不正アクセスにより125万件の個人情報が流出

ブロードバンド セキュリティ

日本年金機構のトップページ
  • 日本年金機構のトップページ
  • 1日に発表された個人情報流出に関する内容
 日本年金機構は1日、同機構が保有している個人情報の一部にあたる約125万件が流出したことを発表した。流出が判明したのは5月28日。

 原因は、外部から職員の端末に対して送られたウイルスの入った添付ファイルを開封したことにより、不正アクセスが行われたため。流出した情報には基礎年金番号や氏名、生年月日、住所などが含まれているという。

 同機構は、今回流出の対象となった加入者から年金の手続きがあった際には、本人であることを確認した上で手続きを進めるとし、そうした該当の加入者に対して個別に謝罪するとともに、基礎年金番号の変更を行う。

 現在は、基幹システムへの不正システムは確認されていないが、さらに精査を続けているとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top