ローエンドモデルにダイナミックレンジ機能を搭載……アクシスが新型ネットワークカメラ発表 | RBB TODAY

ローエンドモデルにダイナミックレンジ機能を搭載……アクシスが新型ネットワークカメラ発表

エンタープライズ セキュリティ

小型軽量の固定ネットワークカメラで同社のラインナップの中ではローエンドに位置しながら、これまで中上位モデルにのみ搭載されていた機能を盛り込んでいる。店舗や銀行、ホテル、学校、公共施設などでの利用が想定されている(画像はプレスリリースより)
  • 小型軽量の固定ネットワークカメラで同社のラインナップの中ではローエンドに位置しながら、これまで中上位モデルにのみ搭載されていた機能を盛り込んでいる。店舗や銀行、ホテル、学校、公共施設などでの利用が想定されている(画像はプレスリリースより)
 アクシスコミュニケーションズは小型軽量の固定ネットワークカメラのローエンドモデル「AXIS M11」シリーズに新たに4モデルを追加し、6月中旬から順次発売を開始する。

 屋内型の「M1124」「M1125」と、屋外対応の「M1124-E」「M1125-E」、対応解像度がHDTV720pと1080pの違いで合計4モデルで構成。屋内モデルは6月中旬より、屋外対応モデルは7月以降の出荷となる。

 極端な明暗差がある光条件でも、即時に鮮明な画像を実現するダイナミックレンジ機能「フォレンジックキャプチャー」を、同社のローエンドモデルでは初めて搭載している点や、H.264と互換性を維持しながら帯域幅を50%減少する同社独自の「Zipstreamテクノロジー」を搭載している点が大きな特徴だ。

 バリフォーカルレンズ搭載による画角調整を可能としており、赤外線フィルターの自動切り替え、ONVIFへの対応、マイクロSDXCスロット内蔵など、監視カメラを効果的、効率的に運用していく上で便利な機能を複数備えている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top