効率化&コスト削減、ACCESSからIoT対応機器開発用ソリューション登場 | RBB TODAY

効率化&コスト削減、ACCESSからIoT対応機器開発用ソリューション登場

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「ACCESS Connect」の構成図。IoT対応機器やサービスの開発から、運用までをオールインワンで支援してくれるソリューションで効率化とコスト削減を実現する(画像はプレスリリースより)
  • 「ACCESS Connect」の構成図。IoT対応機器やサービスの開発から、運用までをオールインワンで支援してくれるソリューションで効率化とコスト削減を実現する(画像はプレスリリースより)
  • センサーとチャット技術を組み合わせて、市場投入した家電や業務機器のメンテナンスをチャットで実現することも可能になる。センサーでは温度や振動の検知が可能(画像はプレスリリースより)
 ACCESSは、あらゆるモノをネットワークと繋げることができるIoT対応機器やサービスの開発・運用を効率化する、クラウド統合ソリューション「ACCESS Connect」を開発し、8日から提供を開始した。

 「ACCESS Connect」は、デバイスをインターネットに繋げるための開発キットと、サービスを行うためのクラウドサービスまでをオールインワンで提供するというもの。IoT化を進めたい産業・企業の開発を効率化し、開発・運用の双方でのコスト削減を実現していくことを目的としている。対象としているのは、家電、産業機器メーカーやサービス事業者などとなる。

 人の位置情報とクラウドを結びつけてマーケティングや集客に繋げる「O2O Profile」、家電やロボットとの双方向でのやりとり(コミュニケーション)を充実させていくための手助けとなる「M2H Profile」、各種OSを搭載できないようなマシンスペックに制約があるデバイスにおいてもインターネット接続させ、さらにタッチパネル操作を可能にするUIエンジンを使った「UI Profile」、家電や電気製品の遠隔操作、使用電力の見える化を可能にする「xEMS Profile」が本ソリューションを採用することで利用できるようになる。

 また、今夏を目処にセンサー技術を使った人やモノの位置情報&移動履歴をリアルタイムで入手できる「Location Profile」などを提供していくとのこと。各SDKはiBeacon、ECHONET Liteなど用途別に求められる業界規格に準拠して組込が容易となっており、多様なプロファイルを掛け合わせたサービスの開発も短期間で行えるという特徴を持つ。

 今後は、各方面でIoT対応機器&サービスの増加が見込まれる中、いち早い市場投入を実現するための支援ソリューションとして利用されることを想定している。ソフトバンクロボティクスが発売したパーソナルロボット「Pepper」でも、同社の「Linkit」のBaaSとして「ACCESS Connect」が使用されている。価格は個別の見積もり対応となる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top