J:COM電力、2016年4月より一戸建て向け提供を開始 | RBB TODAY

J:COM電力、2016年4月より一戸建て向け提供を開始

エンタープライズ 企業

「J:COM電力」の導入イメージ(マンション向けの場合)
  • 「J:COM電力」の導入イメージ(マンション向けの場合)
  • 「J:COM電力」サイト
  • 「サミットエナジー」サイト
 ジュピターテレコム(J:COM)と住友商事グループのサミットエナジーは3日、家庭向け電力提供サービス「J:COM電力」について、2016年4月を目途に、一戸建て・小規模集合住宅にも拡大することを発表した。

 「J:COM電力」は、マンション向けの電力一括受電サービスとして2012年にスタート。約50戸以上の規模のマンションを対象に、サミットエナジーがJ:COMに電力を提供し、J:COMがマンション単位で一括契約を締結することで、従来の電力会社より低廉な料金での提供を可能としていた。

 2016年4月には、一般家庭も含め、電力小売の全面自由化が予定されている。これを受け、マンションなどの大口顧客に加え、一戸建て・小規模集合住宅向けにも、「J:COM電力」の対応を開始する。J:COMサービスエリア内が対象。

 「J:COM電力」では、J:COMの放送・通信サービスとセット加入することで、さらに割引きが適用される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top