【Interpets 2015 Vol.25】韓国SKテレコム、ペットと遊んでくれる「鬼ごっこロボット」 | RBB TODAY

【Interpets 2015 Vol.25】韓国SKテレコム、ペットと遊んでくれる「鬼ごっこロボット」

IT・デジタル その他

SKテレコムが開発した「Friendsbot」
  • SKテレコムが開発した「Friendsbot」
  • ペットの動きを感知して、逃げ回ったり鬼ごっこを一緒に遊んでくれる
  • 専用の充電台に置いてワイヤレス充電が可能
  • アプリから遊んだ履歴もチェックできる
  • 首輪に手軽に着けられるPetFit
  • パッケージも小さくデザインに凝ったつくりになっている
  • ペットの活動量をグラフでお知らせ
  • 運動や食生活に関するコーチングも通知する
 今年のインターペットには韓国の大手通信キャリア、SKテレコムが参加し、ペットのためのスマートソリューションを展示している。その一つが、ペットのお友達ロボット「Friendsbot」だ。

 本体は球体状のデザインで、車輪無しでコロコロと転がるボールのように動く。本体にはモーションセンサーのほか、6軸センサー、加速度センサー、BLEモジュールを内蔵。半径2~3m、140度以内でペットの動きを自動的にキャッチして、鬼ごっこをして逃げ回ったり、LEDが7色に変化したり、ペットの注目を引いて飽きさせない相棒だ。

 Android/iOS端末向けに開発されたアプリを導入することで、アプリの画面上でペットの運動量や遊んだ時間、活動距離などを記録してグラフで表示することもできる。

 本体の充電はワイヤレス充電式で、フル充電から最大2日間使用できる。IPX7の防水仕様。

 ほかにも同社ではペットのためのフィットネスコーチ「PetFit」をブースで紹介している。こちらは昨年から韓国で展開してきたデバイスで、今年のモデルは本体の小型化を図った。室内で暮らすペットの肥満やストレスから来る問題を解消するためのスマートウェアとして、ペアリングしたスマホに愛犬の活動記録を残して、運動量の達成率を飼い主に知らせてくれる機能などがアプリで簡単に使えるように用意されている。

 今回SKテレコムが展示した製品は、どちらも韓国では間もなく発売を予定しているが、「日本で取り扱っていただけるパートナーをインターペットで探している」そうだ。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top