気軽に導入・設置・運用ができるスマホ専用ネットワークカメラ | RBB TODAY

気軽に導入・設置・運用ができるスマホ専用ネットワークカメラ

ブロードバンド セキュリティ

カメラとスマートフォンだけで運用できる「ルックアフター LA01」(定価:19,800円税別)。リモート接続すれば遠隔地からでも自宅の様子を確認することができる
  • カメラとスマートフォンだけで運用できる「ルックアフター LA01」(定価:19,800円税別)。リモート接続すれば遠隔地からでも自宅の様子を確認することができる
  • 「ルックアフター LA01」の専用アプリ。映像を見るにはIDやパスワードを入力してカメラをアプリに登録する必要があるのでセキュリティ面も配慮されている
 REVEX(リーベックス)は、東京ビッグサイトで開催された介護用品・介護施設産業展「CareTEX(ケアテックス)2015」にて、スマートフォン専用ネットワークカメラ「ルックアフター LA01」のデモ展示を行った。

 手持ちのスマートフォン(iOS 6 以降/Android 2.2 以降)に専用アプリをダウンロードすれば、あとはこの専用ネットワークカメラ「ルックアフター LA01」を設置するだけで撮影映像を見ることができる。

 カメラへの接続方法は、ネットワークを介さずに直接つなぐ「ダイレクト接続」(有効範囲15m以内)と、無線LANルーターを介してネットワーク接続する「リモート接続」の2つのモードを選択可能。いずれの場合も専用アプリを使い、IDやパスワード認証を経て映像を見ることになるのでセキュリティ面も配慮されている。

 また、カメラとスマートフォン間での音声通話機能も備え、あらかじめ設定しておけば、カメラが音声検知、動体検知、温度検知をするとスマートフォンに通知を送ることも可能だ。撮影した動画は、スマートフォンで録画をしたり、静止画を撮影したり、再生することもできる。

 カメラは、30万画素でレンズは3.6mm、最低被写体照度は0.3ルクス、画角は水平51度、垂直39度となっている。電源は、付属のACアダプタを使うことになるが、1か月の電気代の目安は約45円(東京電力第2段階料金1kWh辺り25.91円で計算)とランニングコストがそれほど負担にならないので、家庭での介護や見まもり目的で導入しやすくなっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top