次世代ファイアーウォールを対象とした「セキュリティー運用監視サービス」を提供 | RBB TODAY

次世代ファイアーウォールを対象とした「セキュリティー運用監視サービス」を提供

エンタープライズ セキュリティ

「セキュリティー運用監視サービス」の構成図。情報漏洩や不正アクセス、ウイルス感染などさまざまな事案について監視を行う(画像は同社リリースより)。
  • 「セキュリティー運用監視サービス」の構成図。情報漏洩や不正アクセス、ウイルス感染などさまざまな事案について監視を行う(画像は同社リリースより)。
 ユニアデックスは、従来販売しているパロアルトネットワークス社製の次世代ファイアーウォール製品を対象とした「セキュリティー運用監視サービス」の提供を19日から開始した。同システムおよび機器の導入・構築からセキュリティ監視、評価、運用、保守までをアウトソーシングによるワンストップサービスとして提供し、顧客の運用負荷を軽減する。

 ユニアデックスのリモート監視拠点である「セキュリティー・オペレーション・センター(SOC)」から機器の稼働状況やセキュリティーインシデントを24時間365日リアルタイムでリモート監視し、ログ情報を解析・分析の上、脅威を評価。必要に応じてメールによる報告やセキュリティポリシーの設定変更などを提供する。

 サービス体系は、セキュリティ評価におけるレポートの内容、セキュリティ運用支援における設定変更の方法などにより、ゴールド/シルバーの2種類で提供する。価格は、シルバーサービス月額33万円~、ゴールドサービス月額48万円~で、別途初期費用が必要となる。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top