セブン銀行、災害時に対応できる新型移動ATM車両を導入 | RBB TODAY

セブン銀行、災害時に対応できる新型移動ATM車両を導入

エンタープライズ その他

駐車場1台分のスペースで運用でき、外部電源を必要しないので、災害時の停電や既存のATMが倒壊してしまっても対応可能だ(画像はプレスリリースより)
  • 駐車場1台分のスペースで運用でき、外部電源を必要しないので、災害時の停電や既存のATMが倒壊してしまっても対応可能だ(画像はプレスリリースより)
  • 車両背面からATMがせり出すことで、段差のある車内に乗り込むことなくATMを利用することができるように改良されている(画像はプレスリリースより)
 セブン銀行は11日、災害時などでも車載して移動できる「新移動ATM車両」を導入したことを発表した。2011年の東日本大震災でも稼働した移動ATM車両を改良し、さらに使いやすくしたとしている。

 新移動ATM車両は、駐車場1台分のスペースで設置が行え、ATMを車両の外にスライドさせる「ATMスライドシステム」により、バリアフリーに対応した。悪天候時などは車両の中で利用することも可能になっている。また、ATM専用バッテリーを搭載することで、外部電源がない場所でも稼働することが可能となっている。

 同社は14日から18日まで仙台市で開催される「第3回国連防災世界会議」において、新移動ATM車両で実際にATMサービスを提供する予定だ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top