ソフトバンクモバイル、初のLTE対応プリペイド用スマホ「BLADE Q+」 | RBB TODAY

ソフトバンクモバイル、初のLTE対応プリペイド用スマホ「BLADE Q+」

IT・デジタル モバイル

ソフトバンクモバイル初のLTE対応プリペイド用スマホ「BLADE Q+」
  • ソフトバンクモバイル初のLTE対応プリペイド用スマホ「BLADE Q+」
  • 背面カメラは500万画素
 ソフトバンクモバイルは10日、基本使用料無料で使いたい分の料金を前払いする、いわゆるプリペイドサービスの「シンプルスタイル」専用スマートフォンで4.5インチの「BLADE Q+」(ZTE製)を4月以降に発売すると発表した。

 「シンプルスタイル」は基本使用料無料で、データ用プランとして用意された2日プラン(900円)、7日プラン(2,700円)、30日プラン(4,980円)の中から自分の使い方に合ったデータプランを選び、使いたい時にチャージして利用する。

 ディスプレイは4.5インチ(854×480ピクセル)、OSはAndroid 4.4.4、プロセッサはクアッドコアMSM8916(1.2GHz)、メモリ1GB、ストレージ8GBという仕様。カメラは500万画素/200万画素。

 ネットワークは、「シンプルスタイル」専用端末として初めてLTEに対応。FDD-LTE/AXGP/3Gで利用できる。ワイヤレスはIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0をサポート。GPS内蔵だが、おサイフケータイ、赤外線、ワンセグ/フルセグなどには非対応となる。本体サイズは幅67mm×高さ132mm×奥行10mm、重量は約139g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top