緊急時に担架として活用可能な防災毛布「もうたんか」発売 | RBB TODAY

緊急時に担架として活用可能な防災毛布「もうたんか」発売

エンタープライズ その他

周囲に空いている穴に手をかけて複数人で搬送する。裾にある折り返し部分に要救助者の足を収めて姿勢を安定させる(画像はプレスリリースより)
  • 周囲に空いている穴に手をかけて複数人で搬送する。裾にある折り返し部分に要救助者の足を収めて姿勢を安定させる(画像はプレスリリースより)
  • パッケージはコンパクトな真空パックになっていて、緊急避難用の備品として収納しやすいようになっている(画像はプレスリリースより)
 帝人フロンティアは、普段は毛布として使用し、緊急時には担架として活用することができる緊急防災毛布「もうたんか」を発売した。

 毛布の素材に独自開発の難燃制菌素材「エースツイン」を使用。ノンハロゲン系防炎剤と制菌加工剤をポリエステル繊維に練り込んだ素材で、火災発生時に燃えにくく、燃えても有毒ガスが発生しない。またSEK基準をクリアした高い制菌効果により、細菌の増殖を抑制。常に清潔に保つことができる。

 搬送時に手をかけるための取っ手となる穴が毛布の周囲に空いており、担架として使用する際には組み立てなどの必要はなく、そのまま使用可能だ。サイズは140cmx200cm、耐重量は100kgまで。価格は税込27,000円。Amazonで購入できる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top