三菱電機、フルHD防犯カメラシステム「MELOOK 3」が登場 | RBB TODAY

三菱電機、フルHD防犯カメラシステム「MELOOK 3」が登場

エンタープライズ セキュリティ

カメラは固定型、ドーム型、屋外固定型と主要なタイプをラインナップ。画素数の違いで各2機種ずつ、計6モデルが用意される(画像は同社Webより)。
  • カメラは固定型、ドーム型、屋外固定型と主要なタイプをラインナップ。画素数の違いで各2機種ずつ、計6モデルが用意される(画像は同社Webより)。
  • カメラはレコーダーに16台まで直接接続、残り16台まではPoEハブ経由で接続可能。レコーダーには最大4台までHDDを増設できる(画像は同社リリースより)。
 三菱電機は25日、フルHD対応によりズーム時にも高精細で、監視エリアを従来比最大2倍に拡大したデジタルCCTVシステム「MELOOK 3(メルックスリー)」を6月に発売することを発表した。特徴は高画質化、多彩な拡張性、省エネ・省スペースの3点となる。

 高画質化としてはフルHD対応と、超解像技術の採用で監視性能を向上させ、16分割表示でも毎秒30コマの表示・記録が可能となっている。拡張性の面では最大32台のカメラ接続が可能、うち16台まではレコーダー本体に直接接続できるためハブが不要となる。また、従来機種と比較して25%の消費電力を削減し、サイズは約70%に小型化された。

 製品構成はカメラ(固定カメラ、ドーム型カメラ、屋外固定カメラ)が画素数(200万画素/131万画素)の違いで6機種、レコーダーが容量(2Tバイト、8Tバイト、増設HDD専用)の違いで3機種。同社が見込んでいる年間販売台数はカメラは各系統50,000台、レコーダーが6,000台。

 3月3~6日にかけて東京ビッグサイトで開催される「セキュリティショー2015」に出展される予定となっている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top