JSOLとNTTドコモ、「営農」の高度化に向け連携スタート | RBB TODAY

JSOLとNTTドコモ、「営農」の高度化に向け連携スタート

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

アメダスに環境センサーネットワーク(ESN)を加えることで、より精緻なデータを収集可能(九州の例)
  • アメダスに環境センサーネットワーク(ESN)を加えることで、より精緻なデータを収集可能(九州の例)
  • 「JSOL」サイト
 JSOLとNTTドコモは23日、営農(農業経営)の高度化に向け連携することを発表した。JSOLが開発した農業生産者向け収穫予測モデルと、NTTドコモの環境センサーネットワークを連携する取り組みを開始する。

 営農技術の高度化には、生産現場データの活用が重要だが、農業経営者にとっては、センサーの設置は費用負担が大きく、一方で気象庁の公表しているオープンデータなどは、観測エリアが広く、精度に難点があったという。

 今回両社は、全国4,000か所に設置された環境センサーを活用し、データ収集を実施。高精度な収穫期・収穫量の予測により、「収穫予測にもとづく経営判断」が実現できる見こみだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top