「ポータブルSIM」で様々なデバイスが自分の端末になる…NTTが武蔵野研究開発センタでデモ | RBB TODAY

「ポータブルSIM」で様々なデバイスが自分の端末になる…NTTが武蔵野研究開発センタでデモ

IT・デジタル モバイル

ポータブルSIM
  • ポータブルSIM
  • イメージと特徴
 「NTT R&Dフォーラム2015」がNTT武蔵野研究開発センタで開催され、研究技術の成果が披露されている。

 2020年に向けたチャレンジ技術を紹介する「おもてなし」のコーナーでは、「ポータブルSIM」がデモされていた。NTTドコモが昨年の6月に発表した小型認証デバイスで、内部にSIMカードを搭載。BluetoothやNFCで認証・通信を行うことで、SIMカードが入っていないデバイスでも自分のデバイスとして使うことができるというもの。パーソナルなデバイスにしばられず、データ連携・活用の幅が広がっていく。

 説明員によると、カーナビがネットワークとつながってインフォテインメント機器として使うことを想定した意見も出ている。また、スマートエントリー時にポータブルSIMを持っていると、車に入った時に座席やミラーのセッティングを自動でやってくれるのがいいという提案もでている。あるいは、パーソナルユースとして体重計と連携したりといった使い方も考えられる。

 2013年から仕様の検討をしているものだが、ウェアラブルにしたり、カード型にしたりと利便性の向上を考えている。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top