【CP+ 2015 Vol.3】スマホで複数カメラの一斉録画も……ソニーがAction Camの新機種を参考出展 | RBB TODAY

【CP+ 2015 Vol.3】スマホで複数カメラの一斉録画も……ソニーがAction Camの新機種を参考出展

IT・デジタル デジカメ

ソニーが展示したAction Camの新機種
  • ソニーが展示したAction Camの新機種
  • ソニーが展示したAction Camの新機種
  • ソニーが展示したAction Camの新機種
  • ソニーが展示したAction Camの新機種
 ソニーは「CP+ 2015」にて、今年1月のCESで発表した4K映像を撮影可能なAction Camの新機種「FDR-X1000VR」と、現行モデルHDR-AS100Vの後継機「FDR-AS200V」を参考出展している。

 「FDR-X1000VR」は現行機よりも若干ボディサイズが大きくなった代わりに、解像度3840×2160、30P、100Mbpsの高精細な映像を撮影できるのが特徴。1920×1080の解像度に落とすと、120Pのハイスピード撮影が可能だ。

 そして一方の新機種「FDR-AS200V」は、フルHD、60P、50Mbpsで撮影可能なカメラ。現行機から手ブレ補正機能が進化しており、細かな振動も取り除けるようになった。スタッフによると、クアッドコプターに搭載したときに現行機との違いがはっきりわかるという。

 当機種には自動ファイル編集機能「ハイライトムービーメーカー」が搭載。これは同社のハンディカムにも搭載されているが、自動編集のアルゴリズムが大きく異なるそうだ。

 さらにAction Camのブースでは、Wi-Fiを使って4台のカメラを一括制御するデモンストレーションを実施。スマートフォン用アプリ「PlayMemories Mobile」や腕時計型ライブビューリモコン「RM-LVR1」、「RM-LVR2」を用いると、複数のカメラの一斉録画や露出補正、モード切り替えを遠隔操作できる。スタッフによると、今後アプリの開発が進めば制御可能なカメラの台数が増えたり、その他の機能が強化される可能性もあるとのこと。
《佐藤隆博》

関連ニュース

特集

page top