タブレットアプリを使用した企業向け受付管理システムを提供開始 | RBB TODAY

タブレットアプリを使用した企業向け受付管理システムを提供開始

エンタープライズ セキュリティ

来訪者は受付のiPadで担当者を指定。手書き入力で企業情報などを書き込んで担当者を呼び出すシステム(画像は同社リリースより)。
  • 来訪者は受付のiPadで担当者を指定。手書き入力で企業情報などを書き込んで担当者を呼び出すシステム(画像は同社リリースより)。
  • 端末を操作した来訪者のデータに訪問日時や目的などのデータを付け足してクラウドに保存することも可能(画像は同社リリースより)。
 マリエッタは9日、企業向けタブレットアプリ「受付管理」を新たなサービスとして提供を開始した。iPadを使用した企業エントランス用の来訪者管理アプリとなっている。

 企業のエントランスに設置された受付側のiPadを来訪者が操作して訪問先担当者を指定すると、各担当者の受信側端末(iPhone/Android)にプッシュ通知が飛ぶことで、受付で電話越しに指定することなく、サイレントに呼び出しを行うことができる仕組みだ。

 また、来訪者管理データ保管をクラウド化して、企業への来社時におけるセキュリティおよびプライバシーの保護にも対応している。料金体系は一企業1アカウントで、利用人数に応じて月額1,000円~9,800円。年間契約も用意されており、各種カスタマイズも可能となっている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top