エプソン、「WristableGPS」の新商品を発売 | RBB TODAY

エプソン、「WristableGPS」の新商品を発売

IT・デジタル モバイル

SF-110B
  • SF-110B
  • SF-110G
  • SF-110C
 エプソンは、GPS Sports Monitor「WristableGPS」の新商品『SF-110B』『SF-110G』『SF-110C』を2月13日に発売する。同商品は、GPS機能によりランニング時の走行距離やペースなどを正確に計測することで、記録、保存、検証を可能にするGPS機能付きウオッチ。

 今回発売される商品は、重さが約44gと軽量で、ランニングで使用頻度の高い機能を絞って搭載したモデル。シンプルな操作画面により、GPS機能が初めての方でも直感的に操作が可能である。また、1日当たりの歩数、消費カロリー、移動距離や目標歩数に対する達成度を計測する活動量計機能を搭載することにより、ランニング、ジョギングだけでなく、日常生活における様々なシーンで活用できる。新商品のカラーバリエーションはブラック(SF-110B)、グリーン(SF-110G)、カリビアンブルー(SF-110C)の3種類を用意している。

 WristableGPSは、同社独自の高性能GPS チップを搭載することで、高精度、高速サーチを可能にしている。新商品のGPS機能は、毎秒測位で最大10時間の連続稼働を実現しており、長時間のランニング、ジョギングや日々のトレーニングに使用できる。また、日本の真上を通過する準天頂衛星「みちびき」にも対応している。更に、GPSサーチが完了していなくても計測を開始することで、走り始めるまでの準備時間を大幅に短縮できる「スキップ機能」や、トンネルや室内などGPS信号が届かない場所でも継続したデータ計測が可能な「ストライドセンサー」を搭載。そのほか、走行停止時に自動的に計測を一時停止する「オートポーズ機能」やラップを自動計測する「オートラップ機能」も備えている。計測データ(軌跡やラップなど)はWebアプリ「NeoRun」にアップロードすることによりPC、スマートフォン上で管理・分析することが可能である。

 活動量計機能も搭載しており、歩数・消費カロリー・移動距離・目標歩数に対する達成度を、身に着けるだけで自動計測し、データはその場ですぐに確認することができる。また、本体には7日間分のデータを蓄積することができ、履歴を本体画面で確認できる。更に、PCやスマートフォンとの連携で過去の自分のデータと比較することも可能。このほか、GPS機能をonにすることで、より正確な距離を計測しながらのウォーキングも可能となっている。

GPS機能と活動量計機能付きウオッチの新モデルを発売…エプソン

《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top